【高コスパ完全ワイヤレスイヤホン】NUARL NT01レビュー

【高コスパ完全ワイヤレスイヤホン】NUARL NT01レビュー

少し前までは全く完全ワイヤレスイヤホンなんて見なかったものですが、ここ1年くらいで急激に完全ワイヤレスイヤホンをしている人が増えました。

今回はそんな完全ワイヤレスイヤホンで約1万円(8000円になってました)で購入できる高コスパイヤホン

NUARL NT01

についてレビューしていこうかなと思います。

外装

このイヤホンは思っているよりも小さいです。

箱の外装はこんな感じ。ちょっと高げにみえたw。

イヤホンをPS4のコントローラーと比べてみました。

 

ケースに関してですが、ほかの完全ワイヤレスイヤホンと比べるとめちゃくちゃ小さいです。例えばZoloのlibertyなんかと比べると3分の1くらいです。

充電していることをランプで教えてくれます。

 

 

音質

なんといっても皆さんが1番気になるのは音質ではないでしょうか。

音質に関してですが完全ワイヤレスイヤホンは有線イヤホンと比べるとどうしてもコスパは悪いです。それを踏まえてレビューしていきます。

このイヤホンの特徴としては

解像度が高い

とでも表現する感じですね。

完全ワイヤレスイヤホンは安いやつでは音が濁っているような、ぼわぼわしているような感じがしますが、これははっきりと音が聞こえてきます。細かな音の違いまで聞き取れる感じですかね。

また良くも悪くも

音には特徴がないです

最近のイヤホンは有線無線問わず低音重視傾向がありますが、このイヤホンは全くそのようなチューニング的なのはされていません。

僕なんかははっきりと高音がなってくれると嬉しいのですが、まあ中間的な感じですかね。

総評すると

有線の3000~5000円クラスのイヤホンと同じ

くらいの音質と思ってくれればいいですね。

有線と比べるとコスパ悪いですが、完全ワイヤレスイヤホンはの中では相当コスパいいと思います。

使ってみた感じ

このイヤホンはイヤホン上部に取り付けられた物理ボタンで曲送りなどを操作します。

押しやすくはないが、押し間違えない

基本的な曲スキップなどはありますが、曲戻しはありません。ここは残念です。

また付属の説明書には詳しく操作方法が載っているため、迷うことはほぼないでしょう。

説明書です

スマホなどから電池容量が確認できますが、100、75、50とアバウトなので詳しくは分かりません。

遅延についてですが動画を見ていても全く気にならないレベルでした。アニメなども不自然ではありませんでした。

ペアリングについてですが、ケースを開けるだけでペアリングが完了するため、めちゃくちゃ便利です。

ただ、混雑している電車内などではたまに途切れることがありました。

まとめ

NT01は約1万円で購入できるイヤホンとしてはめちゃくちゃコスパいいと思います。

今まで3000円くらいのイヤホンで満足していた層であれば音質にもそこまで不満は出ないと思います。

ただ有線の1万円くらいのイヤホンの音質を求めるなら足りないと思われます。