マガジン新連載「それでも歩は寄せてくる」が面白い 内容と感想など

マガジン新連載「それでも歩は寄せてくる」が面白い 内容と感想など

いやー今週も面白いですねマガジン。

マガジンはラブコメ作品が多いので僕はめちゃくちゃ読んでて楽しいんですよね。

そして今週のマガジンではなんと新連載

それでも歩は寄せてくる

が始まりました。

今回は読んだ感想なんかを書いていきます。

作者 山本崇一朗とは


山本 崇一朗(やまもと そういちろう、1986[1]531 – )は、日本漫画家片山ユキヲのアシスタントを経て、2011の第69回小学館新人コミック大賞で佳作賞を受賞後、2012、『ゲッサン』にて読切作品『恋文』で本格デビューを果たす。香川県小豆島出身[2]

Wikipediaより

代表作として「からかい上手の高木さん」があります。

高木さんはアニメ放送否や大人気になりましたね。

作品の概要

将棋部の先輩後輩関係にある田中歩(後輩)と八乙女うるし(先輩)のラブコメディですね。

ラブコメディです(大事なことなので2回言いました)

前作の高木さんでは女子側が攻め?側でしたが、今回は歩がうるし先輩に猛アタックしていく構図となっております。

女子にからかわれるのもいいですが、デレてる女子もいいものです。

感想

うるし先輩がかわええんじゃあ~

もうこれにつきます。

かわいいといわれて出れるうるし先輩はめちゃくちゃ可愛いです。

おまえ、私のこと好きだよな

なんて1回でもいいから言われてみたいですね。

まだ2話しか読めないので何とも言えませんが、これはめちゃくちゃ面白くなっていくと思います。

テイストは高木さんと似ていて、いちゃいちゃする2人を見るのはこう心をくすぐられます。

また1話分がめちゃくちゃ短いので読みやすいです。

その分もっと読みたくなるけど。

まとめ

山本崇一朗さんの新連鎖「それでも歩は寄せてくる」はまた高木さんとは違って面白いです。

今週のマガジンには2話載っているので、これを機にマガジンを買い始めるのもいいのではないでしょうか。